家族にばれないキャッシング方法!

主婦が家族には内緒でキャッシングをしたい場合、それができるカードローンを利用しましょう。原則的に消費者金融は自身に収入がないと利用することはできません。よって、銀行のカードローンを利用することになります。

ですが、銀行によっては主婦が契約を結ぶには夫の同意書が必須の場合があります。これでは内緒でキャッシングは行えないので、その同意書が不要な銀行を探してください。これは銀行に電話などで問い合わせをすれば教えてもらえます。

大手都市銀行では、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行で夫の同意書は必要ありません。また、ネット銀行の楽天銀行も同様に同意書なしで契約が行えるので、これらの銀行のカードローンがおすすめになります。

地方銀行の中にも同意書が不要なカードローンを用意している銀行があるので、地元に地方銀行があればそこに聞いてみてもいいでしょう。

主婦がカードローンの契約を行う場合、身分証明書と共に夫との婚姻関係が証明できる書類の提出が必要になります。これには住民票が利用できるので、それを準備しておきましょう。

自身には収入のない主婦がカードローンの契約をすると、限度額は30万円のことが多いです。中には50万円の場合もありますが、それ以上の借り入れは難しいと考えてください。

無事に家族には内緒で契約を行えた後も返済に気を付けてください。これを滞らせてしまうと、自宅にその旨の電話が掛かってきたり、封書が届くことがあります。

それらによってキャッシングの利用がバレてしまう可能性がないとは言えないので、きちんと返済日を守って利用することが大切になります。