奨学金には日本学生支援機構をはじめとし、都道府県市区町村の地方自治体による奨学金制度や新聞社による新聞奨学生制度、大学独自の奨学金制度、民間企業による奨学金制度など様々な種類の奨学金が実施されています。

その中で先ずは日本学生支援機構の奨学金とはいったいどのようなものなのか解説していきたいと思います。

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構とはJASSO(Japan Student Services Organization)の略であり、文部科学省が所管する独立行政法人です。
2004年に国営であった日本育英会が行っていた奨学金事業を引き継ぎ、設立されました。
JASSOは、主に大学生の奨学金貸与や留学生支援などを総合的に実施しています。

日本学生支援機構の奨学金は全国で100万人を上回る学生が奨学金の貸与を受けており、この数値は大学生の”2.6人に1人”が利用している計算となります。
これだけ多くの学生が利用しているということは、今や進学を希望する多くの学生達にとって、無くてはならない奨学金制度だと言えます。

JASSOは貸与型の奨学金のため、返還義務の必要がありますが、利息のない「第一種奨学金」と、利息のある「第二種奨学金」の2種類設けています。

『第一種奨学金』と『第二種奨学金』とは?

日本学生支援機構の奨学金には、『第一種奨学金』と、『第二種奨学金』の2種類があります。
この『第一種奨学金』とは、高校生・短期大学生・大学生・大学院生・高等専門学校生・専修学校生を対象に、特に優れた学生・生徒で、経済的な理由により修学が困難な学生に・生徒が貸与を受けられる制度です。

対する『第二種奨学金』というのは、短期大学生・大学生・大学院生・高等専門学校生・専修学校生を対象に、利息を付して貸与が行なわれる奨学金で、第一種よりも緩い基準で選考された生徒が受けられる制度です。

大きくまとめると2つの違いは次のようになります。

『第1種奨学金』

  1. 高校生も利用可能
  2. 無利息で借りることができる

『第2種奨学金』

  1. 高校生は該当しない
  2. 利息が付く

ではそれぞれ詳しく解説したいと思います。

第一種奨学金は金利なしだから採用は難しい?

第一種奨学金は、貸与できる金額が大学なのか大学院(修士課程)、短大なのか、または専門学校なのか、自宅から通学しているのかそれとも一人暮らしなのかなどの、在学している学校や通学環境によって、貸与額が変わってきます。

地方自治体による奨学金制度

一部の都道府県や、市町村が、その地域の住民に対して独自に設けている奨学金制度で、大学生などに貸与や給付を行なっています。
それぞれの自治体で定められた条件や定員があるため、内容は異なりますが、特徴として募集人員が若干名というものが多く、金額もほとんどが月額10000~50000円となっているようです。(引用:奨学金ガイド)

この地方自治体の奨学金制度はすべての地方自治体が奨学金を扱っている訳ではなく、奨学金制度のない自治体のほうが多いのが現状のようです。
また、定員数もすくないことから成績優秀者の方が有利となります。更に奨学金制度によっては、他の奨学金と併用できない場合もあります。

民間企業による奨学金制度

1社を例に挙げると、民間の奨学金制度として有名なのがコカ・コーラの奨学金制度です。
コカ・コーラでは次世代の中堅となるべき人材を育成するという社会貢献を目的に、毎年全国の大学生に奨学金を給付しています。

これら民間の奨学金制度の多くは高校や大学などを通じて募集が行われます。返済義務もない場合が多く大変人気ですが、一般的に民間の奨学金は、採用枠が極少ないのが特徴です。(引用:奨学金ガイド)

新聞社による新聞奨学生制度

“新聞社”が行なう奨学金は新聞配達をしながら大学・短大・専門学校へ通い、新聞社から奨学金と給料を得て、経済的に支援してもらう制度です。

毎月7~8万円を返還義務のない「給付」という形で受けられます。新聞奨学金では、この奨学金とは別に給料が支給されるのが大きな特徴と言えます。そうすると、毎月8~14万円が手に渡り、加えて年2回ボーナスも支給されます。(引用:奨学金ガイド)

新聞奨学生の最大のメリットは、卒業後の返還義務がない点が大きいです。
そのため卒業後の借金を抱える心配もなく、更に経済状況が苦しい学生にとってはとてもありがたい制度ともいえるでしょう。

大学の奨学金

大学の奨学金には成績優秀者を対象とした給付奨学金や、経済的事情により学費を支払うのが困難な学生を対象とした貸与奨学金があります。

国共通的に見受けられる点として、奨学金の給付・貸与期間が1年間であるという点です。1年後に成績が優秀であれば、次年度も延長というようなシステムをとっている学校が多いようです。
大学生は学業が本業であることから、成績があまりにも悪いようだと、奨学金が打ち切られるという当然の処置もあります。

ただ、利用を検討されている方は、独自の奨学金制度を持たない大学もありますので、事前に確認が必要です。(引用:奨学金ガイド)