お金を借りる方法として、主に「銀行からお金を借りる」「消費者金融からお金を借りる」という方法がありますが、実はもう一つお金を借りる方法があります。

それは信販会社からお金を借りる方法で、信販会社というのは販売信用を主な事業とする会社であり、俗に言うクレジット会社のことを言います。

クレジット会社=クレジットカードは主にショッピングの時に利用するというイメージが強いと思いますが、クレジットカードには2つの「枠」というのが付いています。
それはショッピング枠、キャッシング枠の2つを言い、「枠」は利用限度額の内訳のことを言います。
お金を借りることができるのはこのキャッシング枠の方です。

キャッシング枠ではショッピングのような物を購入するのではなく、直接お金を借りることができます。
銀行や消費者金融からお金を借りるのと同じ、ATMとほぼ同じような手順でお金を引き出す事ができるのでどうしても今日中にお金が必要になったなどの即日対応にはとても便利な方法といえます。

今回はこの信販会社のクレジットカード「キャッシング枠でお金を借りる方法」を詳しくご説明したいと思います。

クレジットカードのキャッシング枠とは?

信販会社のキャッシングはショッピング枠とは別にキャッシング可能なキャッシング枠というのが設けられています。
このショッピング枠とキャッシング枠は別々に設定されていることがほとんどです。

例えばショッピングは30万円までで、キャッシングは10万円までといった感じで設定されていますが、中には信販会社によってはこの2つの枠が別々ではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているところもあります。

こちらの場合は、例えばショッピング枠は30万円、うちキャッシング枠は10万円という設定で、もしもショッピング枠で既に25万円を利用していた場合、キャッシングの借入可能額は10万円となってはいますが、最大利用額は30万円であることから、残りの5万円がキャッシングとして利用できるということになります。

このようにショッピング枠の一部にキャッシング枠が含まれている場合はショッピングで利用した金額によってはキャッシング枠の利用限度額が減ってしまうことになります。

キャッシングの金利はどれくらいする?

キャッシングでお金を借りた場合の金利は、ショッピングでの1回払いやボーナス一括払いの場合の金利がゼロ円とは違って金利がつきます。

キャッシングの金利は、キャッシング額によって違ってきますが、

  • 10万円未満→年利20%
  • 10万円以上100万円未満→18%
  • 100万円以上→15%
を上限とすることが法律で定められています。

この金利水準は、法律で定められているため、消費者金融とほぼ同じになります。

実際、キャッシング枠の金利はいくらくらいになる?

キャッシングの借入金額によって実際の金利は違ってきますが、では実際にどれくらいの利息を払わなくてはならないのかここで計算してみます。

この計算式は、

利 息 = 利用金額 × 実質年率 ÷ 12ヶ月(365日、うるう年は366日) × 利用日数
で簡単に求めることができます。

例えば10万円を30日利用した場合の利息は、

利息=100,000円×18%÷365日×30日

となり、利息は1,470円となります。

カード会社の締日を確認!利用日によって利息変動大!

ここで注意しなければならないのは、利息は借入をした日から日割りで追加されていきます。

そのため例えば、毎月末日が締日で、翌月27日に口座引き落としのクレジットカードの場合、もしも締日の31日にキャッシングを利用した場合、翌月の27日に口座からキャッシングを使用した代金+27日分の利息が引き落とされることになります。

しかし、もしも31日ではなく、翌1日にキャッシングを利用した場合、翌日の27日払いとはならずに翌々月の27日払いとなってしまうため、30日の利息に加えて、27日間の利息も加わることで、キャッシングを使用した代金+57日(30+27日)分の利息を支払うことになってしまうのです。

たかが1日ですが、その1日の違いで利息も大きく変わってしまうため、注意して利用しなくてはならないです。

キャッシングの返済方法は1回払いとリボ払いがある

キャッシングの支払い方法には「1回払い」と「リボ払い」があります。

借入時にどちらかの返済方法を選択することができます。
リボ払いの場合はカードの利用金額や利用件数に関わらず、毎月の支払額がほぼ一定となる支払い方法です。

リボ払いは、借入時に1回払いを選択した利用金額を、後からリボ払いに変更することもできます。

キャッシングは総量規制の対象となる

キャッシングでお金を借りるためには金利や返済方法、注意しなければならないことなど幾つかありましたが、そもそもキャッシングはどのくらい借りることができるものなのでしょうか。

誰でも借りたい金額まで借りれるのかというと、このクレジットカードを使用したキャッシングについても総量規制の対象となります。
信販会社は、「貸金業者」として「貸金業法」に基づいて金銭の貸付けを行っています。

そのため、キャッシング取引には「貸金業法」が適用され、年収の3分の1を超える借入れがある場合、新たな借入れはできないのです。

ちなみにクレジットカードを使った商品購入(ショッピング)については、貸金業法の規制の対象外となるため、年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、クレジットカードで商品を購入したりサービスを受けることは可能です。

借入残高が50万円を超える場合は書面提出は必須

キャッシングの新たな借入れを行う際、1社からの借入残高が50万円を超える利用や、1社の借入残高(極度額を含む)と他の数社からの借入残高が100万円を超える場合は、貸金業者では収入を証明するための書類が法律上義務付けられています。

そのため、利用者は審査にあたって収入を確認できる収入証明書や所得証明書の提出が必要となります。

このことから、キャッシングの利用額は50万円以下、あるいは年収の1割程度までの借入枠となることが多いようです。